読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べんりしになりたいぶろぐ

はっぴょんの中の人になりたい(中の人なんいていない)

事務所の品質を評価してみたい

本当に評価したいのは審査官の品質です

いつもおなじみ弁政連さんは(これは弁理士会もそうですが)弁理士試験合格者を増やすと質が下がるから合格者を減らせとのご主張です。

苦情受けてるのはおそらく旧試験を通ったと思われる高年齢の皆さんですがね。
tommyseptember.sblo.jp

ぜひ弁政連様のご主張をサポートしたいと思うのですが、そのためには大量合格期の弁理士とその前の弁理士とで質が違うことを立証しなければならない。どうすればいいのか。ということで考えてみました。

主観的なもの

明細書を勝手格付け

ムーディーズみたいなアレですね。これを客観的にできればそれだけでビジネスになりそうですが、難しいので主観でいきましょう。弁理士会から苦情来ても負けない。

客観的なもの

回復理由書数ランキング

クライアントのミスなのか事務所のミスなのかをチェックするのがめんどくさい。

特許査定率ランキング

お客さんにより変わるからなあ。

いまいちです。